カードローンなら審査が簡単に通る|借りたい時に借りられる

利用する際には審査がある

男性

信用情報調査とは

キャッシングの審査では、申込み者の信用情報を調査されます。信用情報とは、JICCやCIC、KSCといった個人信用情報機関に申込み者の情報を照会し、債務状況を調査する審査です。個人信用情報機関に登録されているデータは、氏名や生年月日、住所などがあります。また、勤務先情報や電話番号、運転免許証番号といった情報も登録されます。他にも、現時点での借り入れ残高、借入れ件数、延滞情報など様々なものが挙げられます。年収が高いから必ずキャッシングが利用できるのではなく、返済をきちんとしてくれる人なのかどうか信用が審査で重要になります。信用がある人かどうかを調べるために、信用情報機関で過去の返済実績を参考にするのです。遅れ回数が多い、金融事故があるとなると審査に通過するのが難しくなります。金融事故とは、任意整理や自己破産などの債務整理です。債務整理中である場合は、キャッシングができることはまずないです。債務整理が終わったとしても、その情報は5年は消えませんので完済をしていたとしても融資は難しくなります。また、総量規制に抵触していないかの確認も行われます。総量規制では、年収の3分の1以上借入れが禁止されています。借入れ残高を調査して、年収の3分の1以上債務がないかの確認も行われます。また、注意しなければならないのは申込み件数です。直近で申込み件数が多いとなると、余程お金に困っていると判断されかねませんので、キャッシングの審査では不利になることがあります。